2011年06月10日

皆様へ心から感謝を

第二回おおいた演劇祭に関係していただいた総ての皆様、
そして、観劇していただいた、総ての皆様へ。

 

約二年間に渡る第二回おおいた演劇祭が、無事、全催し終了いたしましたのは総て、皆様方のお力添えのおかげと心から感謝申し上げます。

 

紆余曲折の日々ではありましたが大海に漕ぎ出した旅にそれはつき物、覚悟の上で乗り出した事。

そして、その中でたくさんのことを感じ、思い、学びました。
それら総てを、明日に繋げていくことこそが、みなさまへのご恩返しだと思っております。

 

それぞれの中で育まれた種が花開き、実を結んだものが本物であったのか、否か、それは総てこれからのそれぞれの舞台で答えが出ると思っています。
どうか、これからも、厳しく、そして暖かい目でご指導いただけますようよろしくお願い申し上げます。

 

「新しい大分の演劇の風を感じた」

 

合同公演終了後に観劇いただいたお客様から頂いたお言葉です。

その風と歩みが止まることの無いように心から願ています。

 

本来ならばお一人お一人にお礼を申し上げねばなりませんが、
この場を借りて感謝申し上げることお許しください。

 

本当にありがとうございました。

 

そして、これからも、大分の演劇をよろしくお願い申し上げます。

  

                  おおいた演劇の会会長  清末 典子

posted by おおいた演劇の会 at 00:26| 大分 ☁ | TrackBack(0) | お知らせ☆第2回おおいた演劇祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

第2回おおいた演劇祭を終えて

ずいぶんと間が空き、申し訳ございません。
事務局の久原です。

演劇祭では主にサミットを担当していましたが、
結局あれもこれも…という事務局総出の数ヶ月間でした。
準備期間もいれると約2年。
長かったようでいて、最後には時間が足りない!という濃密な時間でした。

そんな大きな行事を、なんとか無事に終えることができたのも、
おおいた演劇の会会員のみんな、
そして協力や応援をしてくださったみなさんのおかげだと思っています。

今後も第3回、4回…と続いていくであろう演劇祭ですが、
形を変えながらも前進していく事と思います。


わたしは6月で事務局を離れますが、みなさんよりの恩を忘れず、
今後も会員として協力をしていきたいと思います。


ありがとうございました。

posted by おおいた演劇の会 at 00:20| 大分 ☁ | TrackBack(0) | 九州演劇人サミットin大分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

無事に務めを終えられます。

ワークショップ担当事務局をしていました、九重町民劇場の山口です。
 
今回の第2回おおいた演劇祭では、脚本家・原田佳夏氏の戯曲ワークショップ、
ピアニスト、作曲家、サウンドプロデューサー・藤原いくろう氏の音楽ワークショップを手掛けました。
 
どちらのワークショップ受講者も満足して帰路についていたことが、昨日のように思い出されます。
 
たいへんやりがいのある事業でした。
 
 
第2回おおいた演劇祭が無事に幕を降ろすことできましたのも、皆様方のあたたかい御支援あっての賜物です。
深く感謝を申し上げますとともに、今後ともおおいた演劇の会に変わらぬ御支援とご協力をお願いいたします。
posted by おおいた演劇の会 at 23:23| 大分 | TrackBack(0) | 演劇ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

これから

こんにちは。お久しぶりです。
おおいた演劇の会、事務局、演劇ユニット水中花代表の日下渚です。

第2回おおいた演劇祭を無事に終えることができましたのも、
ご協力してくださった皆様のお陰です。
本当にありがとうございました。

事務局では合同公演の担当をさせていただいておりました。

いろ・・・んな方が一挙に集まり、
みなさんとの連携をはかることが、今思えば一番大変だった気がします。
うまく皆さんのパイプ役ができていたのか、と振り返っています。
いたらないことも多かったと思いますが、
皆さんと一緒に演劇のお祭りをすることができて、
とても充実した一年でした。

ここで出会った皆様と、これからも繋がっていき、
ここで学んだことを、これからに活かし、
ここでの反省を、これからの目標にし、
前進したいと思います!

本当にありがとうございました!

また、第3回おおいた演劇祭が幕をあけることを、楽しみに・・・

これから、頑張っていきましょう!!

お疲れ様でした!
posted by おおいた演劇の会 at 01:34| 大分 ☁ | TrackBack(0) | お知らせ☆第2回おおいた演劇祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

演劇祭を終えて

大変遅れましたが、第2回おおいた演劇祭 合同公演に来ていただいた方々、参加してくれた方々、協力してくれた方々、ホントにありがとうございました。


僕自身の力は微力でしたが、公演も何とか幕を下ろせ、後処理も概ね終了し、やっと冷静に振り替えることができるようになりました。


大分県の地元の人間が打つ公演としては、最大級の公演でした。


沢山の人の協力で出来上がった公演でした。


ただ、大きい公演を打った実績よりも、この公演で出来た、人脈や、技術、経験などを次のステージに生かすことが出来れば、今よりも、この公演、やってよかったと思えると思っています。


なんらかのかたちで合同公演に関わってくれた方、見に来てくれた方。
これから打たれるであろう(もう打ったところもあるけど)、各劇団の公演も見に来て下さい。


これからある各劇団の公演に、1人でも多くの人が来ることが、この演劇祭をやった意義に繋がります。


最後に、第2回おおいた演劇祭の運営の中心を担ってくれた、おおいた演劇の会の事務局、ならびに会長。
これだけの大きなイベントを動かしたのは、大変なご苦労があったことと思います。

ブログというかたちではありますが、感謝の意を表したいと思います。


本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

 
                                              合同公演  責任者  高椋隆寛
posted by おおいた演劇の会 at 23:37| 大分 | TrackBack(0) | お知らせ☆第2回おおいた演劇祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。