2011年05月13日

無事に務めを終えられます。

ワークショップ担当事務局をしていました、九重町民劇場の山口です。
 
今回の第2回おおいた演劇祭では、脚本家・原田佳夏氏の戯曲ワークショップ、
ピアニスト、作曲家、サウンドプロデューサー・藤原いくろう氏の音楽ワークショップを手掛けました。
 
どちらのワークショップ受講者も満足して帰路についていたことが、昨日のように思い出されます。
 
たいへんやりがいのある事業でした。
 
 
第2回おおいた演劇祭が無事に幕を降ろすことできましたのも、皆様方のあたたかい御支援あっての賜物です。
深く感謝を申し上げますとともに、今後ともおおいた演劇の会に変わらぬ御支援とご協力をお願いいたします。


【関連する記事】
posted by おおいた演劇の会 at 23:23| 大分 | TrackBack(0) | 演劇ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。