2011年04月08日

音楽ワークショップ

第2回おおいた演劇祭、お疲れ様でした!

私は藤原いくろうさんの音楽表現ワークショップに参加しました!
劇団チャイルドの植田です!

最初はまず、賞を頂いたという中国?の映画をみました。
情景やシーンにあったイクロウさんの感性豊かな曲を聞き感動の嵐でした。

一番興味を持ったのは、
色んなものの取り扱い説明書に感情をつけて読むんですが、
子どもたちに演技指導をしている私は、
さっそくレッスンでやってみました!

楽しい、楽しい表情豊かに読んでくれました。
いくろうさん、また、来てくださいね!!
posted by おおいた演劇の会 at 18:09| 大分 | TrackBack(0) | 表現ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

表現ワークショップ、終了!

去る11月6、7日、
第2回おおいた演劇祭研修事業・第二弾となる、
演劇世界を豊かにするためのワークショップ【音楽部門】
『音楽による「イマジネーション」表現ワークショップ』
が開催されました。

 

講師は、当会所属の九重町民劇場との交流が深い、
藤原いくろう氏(ピアニスト・作曲家・サウンドプロデューサー)。
国内外でのドラマや映画の音楽監督も手掛ける業界の最前線にいる方です。

 

おかげさまで会場もほぼ満員。
講義は、現場での裏話も交えながら、
演劇・映画の中での音楽にかかる基礎知識から、
具体的なセリフに合わせた音楽の入れ方、
最後は、例題に音楽をつけてみる実践まで行われました。

講師が音楽をつける上で基本としていることは、
・戯曲をよく読みこむこと。
・あくまで音楽は、役者の演技のフォロー役。
だそうです。

私もワークショップ担当として会場内にいましたが、
講義を聴いて、目からウロコがポロポロ、ポロポロ落ちて、
そこら中、足の踏み場がないほどでした。

 

最後は2日目の参加者で記念撮影。

今回のワークショップの2日目の出来事。
1日目しか参加できない受講者の方が、
時間の都合を付けてくれて2日目も参加してくれ、
しかも、もうお一方連れて来場してくれました。
とても有意義なワークショップであったことをもの語っています。

最後となりましたが、
今回の表現ワークショップの開催に
二つ返事で引き受けていただいた藤原いくろう氏をはじめ、
関係者のみなさまには、この場を借りてお礼申し上げます。




さて、今月末の27、28日は、
第2回おおいた演劇祭の総仕上げとなる合同公演。

演出・脚本はもちろんのこと、
大分県内の様々な劇団に所属する舞台俳優たちが
一堂に会した特別ユニットによる県内産の舞台2本入り。

地産地消・・・もとい、地産地観となる
『ココロの花』と『卓郎記念日』をお楽しみに〜

posted by おおいた演劇の会 at 11:40| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 表現ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

表現ワークショップ、残り数席

明日から2日間開催される
『音楽による「イマジネーション」表現ワークショップ』ですが、
おかげさまで、残り数席となりました。

あとは、当日券を残すのみとなっております。
当日券のお求めは、会場にて12時30分受付開始からとなっております。

ありがとうございました。
posted by おおいた演劇の会 at 16:59| 大分 ☀ | TrackBack(0) | 表現ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。